テーマ:253系1000番代

253系 1000番代 製作⑮ 完成

実車デビュー予定日の4月16日に間に合いました。当家での試運転ではボディーマウントカプラーに変更したためモーター車の号車を入れ変えて対応しました。最初はモーター車が偏っていたのでせり上がり脱線が頻発でしたが組み換えで落ち着きました。他のレイアウトでは走らせていないのでどうなるか。それ以外は無事に試運転終了。最後に前面窓ガラスを取り付けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑭

残っていた前面のブラックフェイス部を吹き終わりました。これで塗装は終了。ちょっとはみ出してしまいましたが、まあ許容範囲。 次は前面LED部の表示。写真から取り込み縮小。サイズをE257系と合わせたのは交換できるように。することはほとんど無いと思うけど。 下り方面には「日光」表示を、上り方面には「きぬがわ」をはめ込みました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑬

暖かいので桜でも撮影しに行こうかと思いながらも起きると昼過ぎ・・・花粉症が辛いので外には出ずに休みをフルに使って253系の製作も進めます。前回の続きでマスキングテープをはがすと、イメージ通りの塗り分けになりました。色も思っていたものに近くて満足です。 中間車は塗り分けを楽にするために車体から外した状態で塗装しました。これだけ見ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑫

車体の塗装に入ります。まずはサーフェーサーを吹き白一色の車体を取り出します目標は実車のデビュー予定日だった16日を目指して。計画停電?の影響か残念ながら未定になってしまいましたが。 まずは帯の黄色を吹きます。画像ではかなり明るいですがもっと濃い黄色です。 帯をマスキングして車体半分の色、オレンジを吹きます。 最後に赤を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑪

車体の塗装前にやってみたかった窓のクリアブラックを試してみました。GMブロブ、大山通信でクリアブラックの記事が載っていて253系も一部がスモークガラスになっているのでその再現に。 乗務員室、元個室の部分とドアガラスがスモークガラスになっています。 クリアブラックとそのままの違いです。 思ったよりは黒くならずに・・・黒を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑩

制作記事もNo10を越えました。毎度、お付き合いいただきましてありがとうございます。 さて、加工はほぼ終了し、サーフェーサーを吹き白一色に。 白一色だと651系にも見えます。ほぼ同時期製造の車両のなので似ていて当然か。 車内も色を付けてみました。偶数と奇数の車両で車内の座席が色違いで設置されているのでそれらしいい色で。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑨

前面以外の加工が終わってしまい、前面以外残ってないので覚悟を決めて。 紙やすりで削り、平面に仕上げます。 ほぼ同じ大きさになりました。 次に愛称板LED表示機。こちらも写真を見ながら。ピンバイスで開け、ヤスリで整えます。 LEDの大きさはE257系の貫通扉に設置してあるものと合わせており、「あずさ」「かいじ」の表示を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑧

前面の加工中ですが、失敗続きでやる気が無くなってきてしまったので他の加工を。側面から何か出ているわけでなく、号車表示が不要なのでこちらにもランナーを埋め込みます。 もうひとつ。すかっり忘れていた東武アンテナ。 フラットな屋根に立っているのでかなり目立ちます。 号車表示を埋めて、アンテナを立てて残るは前面の窓拡大。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑦

塗装を落としたので前面加工を。1台目の加工中の写真をほとんど撮っていなかったのでもう二台の加工中の写真です。まず屋根と一体になっている部分を外します。 ボディーに穴を空けておきます。屋根と一体の赤い部分も同じように加工しますが、別々の状態で削ったほうが楽です。 屋根を取り付けて窓の拡大を図ります。詳しい図面やサイズを図ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑥

東北関東大震災により被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。 自分は関西に旅行中に知り、次の日に新幹線で無事に帰宅することは出来ました。 しかし、自宅の模型や書籍が多数倒れており片付けにおわれていました。 片付けも終え一段落し、253系の製作の再開です。前面の加工予定でしたが先に塗装を剥がします。 IPAに車体を漬け塗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作⑤

253系は車内の座席がボックスシートで回転ができない仕様でしたが、転用の際にはシートピッチを広げ向きを回転出来る一般的な特急型車両の座席になりました。模型でもボックスシートが再現され外からみると座席が目立たない。なのでE257系の座席を交換しました。シートピッチがE257とは違いますがそれでもボックスシートよりはいいかな。 外から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作④

床下の加工です。実車は200番代時代には205系から主要機器を流用して製造されました。1000番代に改造の際に界磁添加励磁制御からVVVFインバーター制御に補助電源装置も大型のSIVに交換されました。 模型では主制御機器を205系5000番代、E257系からSIVはE259系から使いました。床下の交換された機器を外します。 床下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作③

253系の続きです。連結器の変更が済み次は車体です。前面の加工は最大のヤマ場なのでまずは放置し、屋根上のビートを削ります。 上の写真だと分かりにくいのでこの写真で。253系は初期に作られた編成は屋根上にビートがあり当然200番代には無く、そんな細かいところはだれも知らないのでそのままでもよかったのですが気になってしまい削ることにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作②

台車で早速くじいてしまいましたが結局はTNカプラーかKATOのボディーマウント式カプラーを取り付けるしか無いんですよね。どちらのでもよかったのですがKATOのボディーマウント式カプラーがあったのでこちらを選びました。コスト面ではこちらが断然安くて。床下に取付孔をピンバイスで開けてはめ込みます。車輪が汚かった・・・ こんな感じで取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

253系 1000番代 製作①

空港アクセスから引退した253系が改造され東武直通用として生まれ変わり再登場しました。 模型でも253系をベースに改造できそうだと思い早速。ベースはKATO製の6両を使います。車両ケースがTOMIXなのは気にせず。 まずは台車の交換。東武直通用に改造された車両は元200番代。後期増備車でKATOがモデル化しているものとは違うので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more